厚生労働省 石川労働局

> サイトマップ > お問い合わせ> よくあるご質問  調べたい語句を入力して下さい→
ニュース&トピックス各種法令・制度・手続き事例・統計情報窓口案内労働局について
ホーム > よくあるご質問 > 就労中の方へ > 法第14条第2項に基づきパートタイム労働者が説明を求めることができるのは、自分自身の待遇に関することに限られますか(他のパートタイム労働者の待遇の決定理由についても、説明を求めることができますか)。

事業主の方へ

法第14条第2項に基づきパートタイム労働者が説明を求めることができるのは、自分自身の待遇に関することに限られますか(他のパートタイム労働者の待遇の決定理由についても、説明を求めることができますか)。

A.

パートタイム労働者が自らの待遇についての納得性を高めるためには、他のパートタイム労働者の待遇と自身の待遇の違いについて知ろうとして他のパートタイム労働者の待遇の決定理由の説明を希望する場合も考えられます。
しかしパートタイム労働者間の待遇の問題については、それぞれに通常の労働者との間で均衡を考慮するための措置が講じられる結果としてパートタイム労働者間の均衡が確保されることとなり、直接的には法の射程外になります。
したがって、パートタイム労働法第14条第2項によりパートタイム労働者が説明を求めることができるのは、通常の労働者との比較における自分自身の待遇に関することに限られます。
このページのトップに戻る

    厚労省人事労務マガジン   ハロートレーニング(職業訓練のご案内)     プレゼンテーション2.jpg   労災レセプト電算処理システム.pngbanner_bnr_e-Gov.png 

       

 

石川労働局 〒920-0024 金沢市西念3丁目4番1号 金沢駅西合同庁舎5階・6階

Copyright(c)2000-2011 Ishikawa Labor Bureau.All rights reserved.